ビューティコラム

シスレー・オ・ド・カンパーニュ・レビュー

Perfumer:Jean-Claude Ellena。タイプ:Chpyre。

古典的な卓越性とchypreの分野のリファレンス。間違いなく男性。右?!

新鮮に散布された時代は、ぼんやりとした黄色い画像のある映画全体を展開します。それを太陽の上で燃え上がらせ、笑いながら、レモン園の真ん中で。設定されたテーブルは、カメラが揺れているときに部分的に見え、喫煙者、笑いのりの子供、活発な祖母が絵を歩き回ります。
それは夏のパーティーです。いいえ、それは今日私達がもうそれを知らないので、毎日の生活 – 気晴らしのない日常生活です。夕方になると、テーブルはゆっくりと覆われ、最終的に外で食べることができるように熱が落ち着くまで待っています。1人は夕方に洗い流し、新鮮なブラウスの下でブラジャーを着用していない現代女性は、もう一度多量のオードー・カンパーニュを使用します。

タルトとシトラスのプレリュードは消え、石鹸と苦い葉緑素、新鮮な草と葉をシェービングする紛れもない香りとオーデコロンの独特の外観が残っています。春に瓶に入った?いいえ、暑い夏は、氷の冷たい水とラベンダー石鹸の洗面器に巻き込まれ、大まかなリネンタオルで乾いています。

公式ノート:ベルガモット、ガルバヌム、レモン、バジル、トマトの葉、プラム、ジャスミン、ゼラニウム、リリーオブザバレー、オークモス、パチュリー、ヴェチバー、ホワイトムスク。

個人的に、私は香りが非常に美しいだけでなく、非常に過酷で男性的であることがわかります。それは熱と地中海が欠けているので、香りは私の肌に広がります。しかし、暑い夏の日には、私はコロンズのEauxをスプレーして、田舎の穏やかな夏の夢を楽しんでいます。少なくとも頭の中で。

Chypreノートは目立たないが目立つものの、耐久性はかなり低い。1つが彼の繊維環境、すなわち少し服をスプレーすれば、もちろん耐久性は増加する…

本当に楽しくて簡単なボディケアラインもあります。
エルメス・オ・ド・オレンジ・ヴェルテを愛する人たちは、シスレーのオ・ド・カンパーニュも愛しています。後者はひどい/あまり喜ばしくなく、よりうまく構成されています。

関連記事

  1. ビューティコラム

    SISLEY Phyto Blush Twist – テスト中

    最初は私は眉毛を非常に高くしました - 装飾的な化粧品へのすべての愛と…

  2. ビューティコラム

    BOBBI BROWNハイドレーティングフェイスクリーム

    180ユーロのクリームが私のためにBringerではなかったのですが、…

  3. ビューティコラム

    クリスマスの頬ポップのヒップポップ

    ブラッシュはクリスマスセットから来ています。間もなくクリニークからかな…

  4. ビューティコラム

    最高のミネラルメイクアップブランド2

    クラランスニューミネラルルースパウダー多くのミネラルファンデーション…

  5. ビューティコラム

    純粋な女性のメイクを塗る方法

    韓国は、その後、我々は一般的には、韓流スターとそのメイクを考えるだろう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ビューティコラム

    カラースポット、さようじ、小シリーズ、プラーク防止
  2. ビューティコラム

    初めて:2回目
  3. ビューティコラム

    夏の最も価値のあるドレスはここにあります。
  4. ビューティコラム

    アンチエイジング美容製品:あなたのバスルーム(と顔)実際に必要なもの
  5. ビューティコラム

    フェミニズム?あなたはそれを買う余裕があります。
PAGE TOP