ビューティコラム

SISLEY Phyto Blush Twist – テスト中

50ユーロの厚手ペン?少し待ってください。
最初は私は眉毛を非常に高くしました – 装飾的な化粧品へのすべての愛と、それは単なる発表です。特に可能性のあるすべてのことを約束する馴染みのない製品。パウダー状、クリーム状。私はまずそれを信じて…

…私はそれを試してみたら… 他のブロガーのぬくもりのレビューは明白です。色は基本的であり、目標グループは確かに40を超えています。はい、シスレーは対象読者に注意を払っているため、製品が実際に誰であるかを検討することが重要です。

あなたは急いでいますか?乾燥肌ですか?ダークスキン、おそらく年齢スポット?折り畳みのペアは準備ができていますか?それで、あなたは乗り込んで来ることができます。

私はフクシアの色に触れていませんでしたが、私は花弁と呼ばれるバラ色の品種で多くの友達を作りました。私が製品を紹介することを忘れてしまったことを心から祈っています!それは私が毎日使っていることについて私がよく感じることです。

だから、仕事はとてもシンプルです。頬、顎、額、眉の上にペイントして、眉間をこすります。花びらは肌には見えず、非常に軽く香りがあり、ほとんど落ち着かない粉状の肌触りに変わります(結局、すべてが落ち着くので、しわになります…)パウダー、ちょうど行くと行く。
色はROSAとパッケージの中の非常にbarbiem??igですが、実際にはそれは新鮮さの中で最も繊細なタッチです!

外観を完了するためには、あまりないが不足している – マスカラ、口紅、行われています。あまり頻繁にしてより多くのがあるので、古い言葉のため断っておきます。

(ハ!私は今やより古い学期です!私はあまりにも長い間ブログをしています。)

:ピンの詳細
http://www.mel-et-fel.com/2017/03/sisley-phyto-blush-twist.html -小さなノート:により、我々は縦長の画像にはほとんど何も見え非常にさらさ画像へ-ただし見本は1Aです。
http://www.lipsticklove.de/2017/03/sisley-spring-2017-make-up-kollektion-bilder-und-eindruecke.html -ここ羨ましく完璧な、しかし暗い顔色の色があります。その名前は、それを示唆するようパパイヤの色は、ほぼオレンジ色です。

私も写真を身に着けましたが、実際には何も見ていないと言わなければいけません。新鮮なはい、いいえ、はい、メイクですか?いいえ。それはそうするべきだ。

関連記事

  1. ビューティコラム

    ジェームズ・アルタートンは彼女の美しさの秘密を漏らす

    英語の女優は、LEDの顔、赤外線サウナの彼女の愛を明らかにし、彼女が誓…

  2. ビューティコラム

    グウェン・ステファニ、悲鳴と宇宙パンと彼女の赤い口紅への愛

    グウェン・ステファニーともっと恋に落ちる準備をする... 私がMa…

  3. ビューティコラム

    光沢をつけて実際に実生活をさせる4つの方法

    10代の事故を起こさせないでください。光沢がSS18のために戻ってきま…

  4. ビューティコラム

    皮膚の問題を取り除くために花嫁のDIYの皮膚クレンジング

    ただ、花嫁の肌は老化の進行を見えるように開いた毛穴は、顔の輪郭は、明確…

  5. ビューティコラム

    DR。HAUSCHKAリップスティックアマリリス11

    今私はもはやインフルエンザではなく、私の写真はまだそれほど悪くないし、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ビューティコラム

    博士 HAUSCHKA Sheer Lipstick no。1マジャリス
  2. ビューティコラム

    ジェームズ・アルタートンは彼女の美しさの秘密を漏らす
  3. ビューティコラム

    色が滲みにくい最高のリップシーム
  4. ビューティコラム

    WELEDA – アーモンドシリーズの新製品
  5. ビューティコラム

    レディメイクアイメークアップカラー
PAGE TOP