ビューティコラム

Meghan Markleのブライダルヘアを再現するためのステップバイステップガイド

ゆったりとしたローブンは、2018年のブライダルヘアスタイルには間違いありません

メーガン・マークルは正式にハリー王子と結婚しましたか、それとも公爵と公爵と呼ぶべきですか?

ウェディングドレスは、ジバンシーのクレアワイトケラーによって設計されましたが、花嫁のメークアップと髪は同様にエレガントで美しいものでした。「私たちは長年にわたり、王室が特に特別な機会のために毛の傾向に大きな影響を与えているのを見てきました」とblow LTDの共同設立者でクリエイティブディレクターのFiona McIntoshは言います。

「ケイト・ミドルトンは戻って早期noughtiesで弾むブロードライ一見のための巨大な需要を引き起こしたし、この古典的なスタイルは、大きなイベントのための需要が非常に多く残っています。」

クイーンからの貸し出しのバンデアティアラと連邦諸国のすべての花が刺繍されたベールが付いたメガンの髪は、Serge Normantによって作られた、ゆったりとしたゆったりとしたパンで着用されました。

「この外観の鍵は、輝きと光沢を最大限にして究極のベースを作るために髪を整えることです」とGhdグローバル・アンバサダー・アース・リードは言います。’全体的な外観は、彼女の構造化されたフィットドレスとは対照的に、非常に女性らしい、シルキーで柔らかいものです。

あなた自身のためにブライダルの髪型を再現するためのアダムのガイドと、あなたが仕事をするために必要なツールを読んでください。

1. ghdテールコム、?7.50、フレーザーの家の終わりを使用して、髪の中にセッティングを作成します。パーティングが強く、ヘッドのクラウンに引き戻されていることを確認してください。

2.髪を吹き飛ばし、髪を光沢のあるベースで乾かし、日中光沢を保ちます。

3.次に、ghd Curve Soft Curl Tong、?120、John Lewisを使用して、髪全体に緩やかな波を加えます。カールがあまりにもタイトで正確でないことを保証するために、トングの周りに髪をゆるく包みます。

4.次に、頭の首の下にある小さなポニーテールに髪を戻します。ポニーテールがしっかりしていることを確認し、ヘアスプレーのスプライトで仕上げます。

5.ポニーテールの周りの髪の部分をひねり、ローバンを作ります。ポニーテールの周りにこれらの部分をゆるやかに包んでボリュームのある元に戻したパンを作ります。

6.フェイスフレームの周りに緩やかな波を作り、Soft Curl Tongを使用して外観を完成させて仕上げます。それぞれのカールを違った方向に向けると、より緩やかで柔らかい仕上がりになり、スピリッツのヘアスプレーでぴったりとまとまります。

関連記事

  1. ビューティコラム

    今、膣のスキンケアラインがあり、私は公式に行われています。

    今、膣のスキンケアラインがあり、私は公式に行われています。床からあご…

  2. ビューティコラム

    隠すのに役立つ最高のCCクリーム

    時には、その完璧な仕上がりを損なうことなく、もう少し薄いものを望むこと…

  3. ビューティコラム

    あなたのメークアップブラシを清掃するための完全なガイド(そして何もしないでください)

    あなたが考えるよりも簡単です あなたがそれらを使用する場合、たとえそ…

  4. ビューティコラム

    色が滲みにくい最高のリップシーム

    長持ちする色はあまり考えられない 人生では時には、最高の口紅と最高の…

  5. ビューティコラム

    サンベッド:私たちが思っているように彼らは悪いですか?

    '2012年には、当時のケイト・モスと彼女のモデル・エージェンシー、ス…

  6. ビューティコラム

    Melasma:それは何で、どのように管理することができますか?

    非常に多くの人々がそれを持っているにもかかわらず、それはあまり知られ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ビューティコラム

    あなたはすべてを持つことはできません
  2. ビューティコラム

    瞬間的な皮膚のブーストを与える最高のシートマスク
  3. ビューティコラム

    韓国の美しさ:あなたが知る必要があるものと何を買うべきもの
  4. ビューティコラム

    レイトン・ミースターの髪の毛は、彼女にブレア・ウォルドーフ
  5. ビューティコラム

    人が夢見ることができる最高の美容箱
PAGE TOP